サイトリニューアルしました

日帰り女子旅“ひるがの高原・牧歌の里”①

先日、10月の終わりに、古くからの地元のお友達のなおちゃんと一緒に車でふらっと日帰り旅行に行ってきました!

コロナ禍での自粛生活が長引いているので、「たまには遠出しないね」ということで行ってきたのが“ひるがの高原・牧歌の里”。

「え?それどこ!?」

…たぶん、知らない人もいっぱいいるんじゃないでしょうか。

『牧歌の里』は、岐阜県奥美濃の“ひるがの高原”にあるテーマパークで、地元では昔からテレビでCMも流れていて、東海地区では有名なんですよ。

…といっても私は行ったことがなかったんです。

なおちゃんに「牧歌の里は?行ったことある?」と聞かれて、

「そういえば私まだ行ったことない」

「じゃあ行こうか」

子どもが小さい頃に家族で行こうとしたことがあったけど、結局行かず仕舞いで今回やっと初めて行きました。

なおちゃんも「子どもが小さい頃に行ったきりだから何十年ぶり」だそうですよ。


「ひるがの高原・牧歌の里
岐阜県奥美濃の大日ヶ岳の麓、標高1,000mに広がる“ひるがの高原”は、霊峯白山の雄大な姿と四季折々の大自然を満喫できるリゾート地。季節の花々が鮮やかに彩り、広い草原で馬やひつじが草をはむ姿はのどかな風景。そんな中にある“牧歌の里”は自然と動物と食のテーマパーク。馬、牛(ジャージー牛)、アルパカ、羊、うさぎ、モルモット、やぎ…などがいる。パークのキャラクターは、ジャージー牛の“あんこちゃん”。

公式HP(https://www.bokka.co.jp

★快適なドライブでひるがの高原へ!

当日は朝10時頃に出発。

私の運転する車でなおちゃんを迎えに行き、名古屋高速~東海北陸自動車道を通ってひるがの高原へ。

“牧歌の里”に着いたのはお昼ちょっと前ぐらい。

平日だったので道も空いていたし、1時間半ほどの快適なドライブでしたよ。

出かけるときには少し曇っていたけど、運転している途中からだんだん晴れてきて、着いたときにはちょうどいい気候の秋の行楽日和になりました。

実は私“晴れ女”なんですよ。

やっぱりこの日も晴れてくれました!

  • ※「この日のファッション」
  • フェイクレザーのパンツ(ZARA)
  • カットソー(ユナイテッドアローズ)
  • ピンクのニット(ユナイテッドアローズ)
  • シュートブーツ(シーバイクロエ)
  • 斜めがけのショルダーバック(ステラマッカートニー)

★“オランダみたいな”お花畑と教会

初めて来た牧歌の里は、広々とした景色でとっても解放感がありました。

近くに山が見えて、青々とした空が広がっていて空気もキレイ!

平日であまり人もいないので、マスクを外して深呼吸。

解放感ある景色の中で新鮮な空気をいっぱい吸って、とっても癒されます。

パーク内には「教会の花畑」「高原の花畑」「オーロラの花畑(ラベンダー)」「虹色の花畑」「秘密の花畑」…お花畑もいっぱいあります。

私たちが行ったときには時期的にそれほどたくさんの種類は咲いてませんでしたけど、ベゴニアやコキアなどのお花が咲いてました。

春にはチューリップなどのキレイなお花がいっぱい咲いているそうですよ。

時間はもうお昼を回っていましたけど、まだそんなにお腹も空いていなかったので、パーク内を歩いてひと回りしてみました。

「お日様があるうちに」と思って、歩きながらインスタ映えしそうな場所では写真撮影。

海外にあるような教会みたいな建物(花の教会)もあって、まるで海外に来たような気分になりました。

教会のまわりにキレイなお花畑もあって「オランダみたい!」

…オランダに行ったことはありませんけど。

そんな気分にさせてくれます。

★ランチタイムはボリューミーな“飛騨牛バーガー”

ひと回りしたらだんだんお腹も空いてきたのでランチタイムです。

パーク内にはいろんな種類のグルメスポット(フードコーナー)がありますが、私たちが選んだのは「ファストフード ぱっくん」。

せっかく天気もいいので、気持ちよく屋外で食べることにしました。

“飛騨牛メガバーガー(1100円)”“飛騨牛コロッケ(210円)”にコーラ。

地元名産の飛騨牛を使ったハンバーガーはボリューム満点でとってもジューシー。

まさに“お肉”っていう感じで、これだけでもお腹いっぱいになります。

飛騨牛コロッケもとっても美味しくいただきましたよ。

スイーツには人気の“アルパカソフト(600円)”。

クリームのところがアルパカの顔みたいになっていて、もこもこに膨らんだボリューミーなソフトクリーム。

ハンバーガーとコロッケでお腹いっぱいでも、やっぱりスイーツは別腹です。

まわりの景色もいいし、とっても満たされた気分で大満足でした!


「グルメ・BBQ」スポット
ひるがの高原や美濃・飛騨の地元の新鮮な食材を使ったバーベキューやイタリアン、ハンバーガー、スイーツなどのオリジナルメニューはどれも絶品。パーク内には「バーベキューハウス 味広場」「レストラン ヒルトップ」「ガーデンカフェローゼス」「ファストフード ぱっくん」(11月3日で今季の営業終了)「ミルクハウス ムー」…5か所のグルメスポット(フードコーナー)がある。

~“ひるがの高原・牧歌の里②”につづく~

NO IMAGE

MASAKO's SHOP

水谷雅子オリジナルグッズはこちら