サイトリニューアルしました

久しぶりの日帰り女子旅・Go To 京都

先日、10月26日(月)に、お友達3人(アヤちゃん、トモちゃん、マキさん)と一緒に日帰りで京都に旅行に行ってきました!

実は私、お恥ずかしい話ですが旅行の経験がほとんどないんです😞

海外もお仕事でしか行ったことがないし、国内もあまり経験がありません。

今までのプライベートの旅行というと…

家族と日帰りUSJ、それに名古屋近郊…とほぼ日帰り旅行しかしたことがないんです。

今回行った京都もこれで3回目。

前回行ったのはもう5年以上前で、今回も一緒に行ったマキさんの案内で清水寺周辺を巡った日帰り旅行でした。

子どもが成長し、やっと旅行が楽しめる歳になったので、これからはお友達と一緒に今までに行ったことがないような場所にも旅行に行ってみたいなと思っています。

★Go To トラベルでお得に女子旅

今回の旅行のきっかけは、旅行に詳しいお友達のトモちゃんに「京都に行きたいけど、全然詳しくないし…」と相談したところ、「じゃあ私に任せて」と快く引き受けてくれたので、「せっかくなら他のお友達も誘って」ということで、お友達4人の女子旅に行くことになりました🍀

なので旅行の予定から観光地の手配まで、すべてトモちゃんにお任せ。

私はただ一緒についていくだけです。

トモちゃんが取ってくれたのは、JR東海ツアーズの「ひさびさ旅割引」。

「新幹線往復指定席(名古屋~京都、往復時間指定)」に「クーポン1人1000円分(京都キヨスクにて使用可)」が付いて、一人4745円。(※正規料金・11820円)

Go To トラベル割引商品なので本当にお得なんですよ。

行きと帰りの新幹線の時間は指定されていて、私たちはお昼前に着きたいということで「名古屋発9:19の新幹線にしました。

指定席は2人掛けのシートで、おしゃべりしてるうちにあっという間に京都着(※10:12着)

1時間もかからないので、本当に「あれ?もう着いちゃったの!?」っていう感じです。

お天気も良くて、暖かい秋晴れ✨
旅行にはぴったりのおでかけ日和。

さあ、午前中はどこに行こうかな!
…私はみんなについて行くだけですけど😚

★瑠璃の庭園が素敵な八瀬大原の「瑠璃光院」

午前中に行ったのは八瀬大原にある瑠璃光院という寺院。

初めて行くお寺です。

拝観の予約もトモちゃんが手配してくれていて、京都駅からはタクシーで20分ぐらいで着きました。

タクシーを降りて歩いていくと、お寺のそばを流れている高野川の清流に癒されます。

 

お水もきれいで清々しい気持ちになれました。

山門を入ると、玄関前の池で大きな鯉たちがお出迎えしてくれました。

こじんまりした庭園がきれいなお寺で、秋は特に紅葉がきれい。

私が行ったときは時期的にまだ少し早かったので、若干赤くなりかかってるぐらいだったのが残念でした。

それでも紅葉には少し早かったけど、お庭の緑がきれいで、三階層になっている書院から庭を見ると、場所によって庭の雰囲気が違うように見えて素敵でした。


 

 

瑠璃光院

八瀬大原の静かな山間に静かに佇む寺院(京都市左京区上高野)。
もともと別荘として造営されたもので、敷地内には数寄屋造りの建物と日本庭園(瑠璃の庭)があり、日本情緒溢れる名建築と名庭として親しまれている。
書院2階の机の天板に庭の楓が映り込む景色が美しく、特に紅葉の時期は参道の傾斜地に植えられた百種以上の楓の紅葉が見ごろを迎える。

★ホテルの中華レストランでランチタイム

瑠璃光院の素敵な庭園で癒されているうちにあっという間にもうお昼。

お昼は瑠璃光院から歩いて本当にすぐのところにあるホテル(エクシブ京都 八瀬離宮)まで移動して、これもトモちゃんが予約してくれていた中華レストラン「翠陽」でランチ。

せっかく京都まで旅行しに来たのでお昼もちょっと贅沢に、ランチコースは一人3500円(税別)の「華織」にしました。

 

前菜、干し貝柱と茸のスープ、揚げ餅と春巻き、エビのチリソース、飲茶3種、炒飯かスープそば、それにデザートの杏仁豆腐

 

どれもおいしい中国料理で、ボリュームがあってお得感もあり大満足でした。

おしゃべりしながら2時間ほどランチしたあとは、ロビーラウンジでお茶。

ホテルのお土産コーナーも見たけど「どうしよう?」と迷って、「荷物になるから駅でいいかな」ということでお土産は後回しにすることに。

ランチも美味しかったし、ロビーもきれいだったし、とっても素敵なホテルでしたよ。


 

エクシブ京都 八瀬離宮

静けさに包まれた京の奥座敷・八瀬にあるエクシブ京都 八瀬離宮は、眼下に広がる美しい自然の中に建つホテル。
自然の癒しを取り入れた天然温泉と極上のエステティックメニューで癒しの空間を提供してくれる。
日本料理、中華、イタリアン、フレンチ、鉄板、5つのレストランはどれも極上のメニューでおもてなし。

★ランチのあとはメイク直し

いつもの習慣で、お昼を食べたあとにメイク直し。

今回の旅行にも持参した、いつも使っている自分の鏡を見ながらお直しします。

やはり時間が経つと目元がくすんできたりするので、上から抑えたり。

今はいつでもマスクをしているので、マスクの下がむれてお化粧がよれてきたりするのでそこも軽くお直ししてあげて。

あとはビューラーでまつ毛を直したり。

口紅はマスクにつきにくい、落ちにくいタイプのティント。

写真撮るときにはマスクを外すことが多いので、マスクを取った時に口元が寂しくないように口紅も塗ってスタンバイOK。

私は習慣になっていますけど、皆さんあまり出先でメイク直ししないみたいですよね。

今回一緒に行った友だちも「マコちゃんがするなら私もメイク直ししようかな」って言いながら一緒にメイク直ししてましたよ。

今回の旅行でも持ち物は最小限のバッグ1つ。

「バッグ」の中身は、携帯、財布(FENDI)、マスクの代え、ハンカチ、ポケットティッシュ、日焼け止め、携帯消毒スプレー、自撮り棒、頭痛薬などの常備薬、小さめの化粧ポーチ(ジルスチュアート)

「化粧ポーチ」の中には、軽くお化粧直し用に普段の日常的に使っているもの。クッションファンデーション(エチュードハウス)、おしろい(リソウ)、口紅(エチュードハウス★ベリームスティント、メイベリン)、ビューラー、アイブローペンシル(エチュードハウス)、ヘアオイルステック(&honey)、目薬(スマイル40)


 

フリース(Isabel Marant etoile)カットソーの長袖

 

ストレッチパンツ(ZARA)

ショートブーツ(ZARA)

キャップ(PRADA)

バッグ(Maison Margiela)のファスナー付お出かけバッグ。

★女性のための神社「河合神社」で絵馬にお化粧

おしゃべりしながらゆっくりランチ&ティータイムを過ごしたあとは、「マコちゃんがこういうところに行きたいだろうと思って」とトモちゃんが連れていってくれたのが「河合神社」。

エクシブ京都からタクシーでだいたい15分ぐらいで着きました(料金は2100円)。

 

初めて訪れた河合神社は下鴨神社のすぐ隣にある“女性のための神社”。

手鏡の形をした「鏡絵馬」に、ニコちゃんマークみたいな女性の顔が描いてあって、その顔に色鉛筆でお化粧をしてあげるんです。

そして裏に願い事を書いてお参りするとご利益があるそうです。

 

私もやってみましたよ。

髪とかアイシャドーとか描いて、裏には「いつまでも若々しく健康でいられますように」。

これできっと私にもご利益がありますね✨

平日の午後でしたけど、思ったよりたくさんの人がいました。

 

着物を着た若い女の子たちも結構お参りしてました。

さすがは女性のための神社ですね。


 

河合神社

下鴨神社の摂社である河合神社は、女性守護としての信仰を集める神社。
ご祭神には神武天皇の母の玉依姫命をお祀りし、玉依姫命は玉のように美しいことから“美麗の神”としての信仰も深い。
この美麗の祈願絵馬として“鏡絵馬”に願いを託すことで外見だけでなく内面も磨いて美しくなるという(鏡絵馬800円)。
女性が美しくなりたいという美容に関しての願いや、安産・育児・縁結びなど、女性ならではの願い事を叶えてくださる神様として広く知られている。

★夕日に映える素敵な八坂の塔

河合神社で絵馬を描いてお参りした頃にはもう夕方になりかけていました。

「急いで次のところに行かないと」と少し慌ててトモちゃんが案内してくれたのが八坂の塔。

河合神社からはタクシーで2000円ぐらいの距離にある八坂の塔に着いた頃にはあと少しで日が暮れる時間。

タクシーを降りてから坂道を登っていくと、夕日に映える塔が本当にきれい。

間近で見る八坂の塔はとっても素敵でした。

残念なのは時間がなかったこと。

もう少し時間があれば周辺をもっと見て歩きたかった。

お店にも寄りたかったし、人力車にも乗りたかったし、もう少しゆっくりしたかったなあ。


 

八坂の塔

臨済宗建仁寺派の寺院で正式名称は「法観寺」。
八坂神社と清水寺の中間に位置していて、通称「八坂の塔」で有名。
五重塔である八坂の塔は、東山エリアのランドマークで祇園のシンボル。
周辺は京都の風情を感じる情景が広がっている。

★鴨川沿いの先斗町を散策~帰りの新幹線へ

八坂の塔に感激したあとは、まだ少し新幹線まで時間があるということで、みんなで「少し散歩しよう」ということに。

すっかり暗くなった鴨川沿いにある先斗町を歩いてみました。

昔ながらの京都の街の風情を感じられる先斗町は、狭い路地の両側にお店が軒を並べていて歩いているだけでも楽しくなります。

結局時間がなくてどこにも入らなかったけど、京都の雰囲気を少しだけ味わいました。

気がつくともう帰りの新幹線の時間。

「お土産は駅で買おうね」ということで先斗町からタクシーで京都駅へ。

駅のキヨスクに寄って、旅割引で付いてきた1000円分のクーポン券を使ってお友達用と自宅用のお土産を選びます。

といっても新幹線までの時間がないので結局選んだのは京都の定番の“八つ橋”(生とおせんべい)と“お漬物”。

京都発19時33分の新幹線に乗って名古屋へ。

帰りもおしゃべりしてるうちにあっという間に着いちゃいました。

時間も時間なので、夜ご飯は家に帰ってから食べようということになって解散。

「また行きたいね。今度は泊りがけでどう?」

なんとなく遊びで泊りがけで行くのも家族に申し訳ない気がして…。

でも思い切って次は泊りがけで行ってみようかな。

今回の京都は日帰りであまり時間がなかったけど、とっても楽しい女子旅でした。

★日帰り京都旅行スケジュール

・「9:19」…新幹線名古屋発(名古屋駅8:30到着)

・「10:12」…京都駅着
↓(タクシー)
・「11:00頃」…瑠璃光院(予約必要)
↓(徒歩)
・「12:00頃」…エクシブ京都 八瀬離宮でランチ(中国料理「翠陽」)
↓(タクシー)
・「15:00頃」…河合神社(下鴨神社隣接)
↓(タクシー)
・「17:00頃」…八坂の塔(法観寺)
↓(徒歩)
・「18:00頃」…先斗町散策
↓(タクシー)
・「19:00頃」…京都駅(キヨスクでお土産)

・「19:33」…新幹線京都発

・「20:25」…名古屋着

★日帰り旅行を楽しむには

今回京都に日帰り旅行してみて思ったのは、予定を立てて行っても時間がなくて慌ただしいこと。

もしこれが予定を立てないで行ったら大変。

本当にあっという間に何もしないうちに一日終わっちゃいます。

プライベートでほとんど旅行したことがない私はただお友達についていっただけですけど、予定を立てて案内してくれたトモちゃんは本当に大変だったと思います。

今回経験して感じたことは、日帰りの場合は観光する場所は3カ所ぐらい。

お昼までに1カ所、お昼食べてから2カ所。

それでも1カ所でゆっくりしているとすぐに時間がなくなります。

お昼まで本当にあっという間。

お昼食べる場所、買い物する場所もあらかじめ決めておくほうがいいですね。

コロナ禍の今は、お寺とか観光地でも予約しないと入れないところも多いので、事前に予約が必要がチェックしたほうがいいですね。

予定を立てて効率よく回らないと、気がついたらもう帰りの時間になっちゃいます。

あと写真は自分では結構撮ってるつもりでも、ついついおしゃべりに夢中になって、あとで振り返ると意外に撮ってなかったってなるので、常にシャッターを押すぐらいの気持ちでいたほうがいいかも。

私も今回もっといっぱい写真を撮ったつもりでいたのに、帰ってきて見たら意外に少なくてびっくりしました。

載せられる写真が少なくてごめんなさい。

せっかくお友達と旅行に行くからには写真もいっぱい撮りたいですよね。

久しぶりに行った京都旅行。

帰り際にみんなで話したのは「いい思い出になったね。日本もいいね」。

仲のいいお友達と行く日帰り旅行楽しいですよ。

私も今度は泊りがけで行ってみようかな!

NO IMAGE

MASAKO's SHOP

水谷雅子オリジナルグッズはこちら