美容の秘訣⑮雅子流“冬のスキンケア”

乾燥する冬の肌のお悩み

本格的な冬を迎えて、気温がだんだんと下がり、毎日すごく乾燥してますよね。

皆さんのお肌は乾燥に悩まされていませんか?

今回は雅子流“冬のスキンケア”をご紹介しますね。

乾燥するこの季節のお手入れに大事なことは“保湿・水分補給”すること。

そうすることで肌の新陳代謝を促進して、肌の老化やたるみを改善します。

加齢とともに、どうしても肌のタンオーバーが遅れることで、肌の古い細胞が蓄積し、新しい細胞が生成されにくくなります。

そのために肌がくすんで見えたり、小じわや肌の色むらとなったりします。

これは肌の老化です。

私は30歳になってから細かいしわや肌の乾燥感など、肌の変化が現れ始めました。

そこから、新陳代謝を促進するためにカッサマッサージを始めました。

★マッサージマスクを使ったハンドマッサージでお肌のケア

最近、雅子サロンブログを読んでいただいている読者の方から「冬は肌が敏感で赤くなりやすいので、カッサマッサージは適していますか?」というコメントをいただきました。

確かに冬は一番乾燥する季節なので、肌を過度に摩擦したり刺激することは避けたほうがいいと思います。 特に敏感肌の方は、刺激の少ないマッサージマスクなどを使い、優しくハンドマッサージでケアしてあげることをおすすめします。

<ハンドマッサージ>

1・洗顔後、温めたタオルで顔を優しく温めます。

2・ローションをコットンに染み込ませ、顔に押し当てから、乳液を塗ります。

3・スパチュラを使ってハンドマッサージマスクを取って、顔に塗ります。

4・まず額から始めて、指で軽く押して頭皮に向かって流します。

5・次は、目もとです。こめかみに向かって軽く押し上げます。

6・ほうれい線のところに圧力をかけて、筋肉や筋膜組織を緩和してから、マッサージすると血液循環を促します。

7・輪郭、フェイスラインは、中指と人差し指を曲げて、指で挟むようにして引き上げます。

8・そして、耳から首に向かって顔のデトックスとリンパマッサージを行います。

9・最後は、美容成分がよりよく浸透するように手のひらで顔を温めます。

Tips:

1・洗顔の水温は32℃〜38℃、熱いタオルの温度は45℃を超えないようにします。温度が高すぎると、肌の油脂を過度に取り除き、逆に乾燥させます。敏感肌の方は、肌に刺激を受けやすくなりますので注意してください。

2・コットンをローションで馴染ませて押し当てると、肌によりよく浸透します。

3・流動性と浸透性の良いものであれば、より馴染みやすいし、美容成分もより浸透しやすくなります。

4・季節の変化によってスキンケアの方法も変わりますが、冬は保湿すること、刺激を抑えることがポイントです。

★私のお気に入り“この季節のベストアイテム”

今回私が使っているマッサージマスクは、友人のヘアメイクさんからいただいたプレゼントで、実際に使ってみたらとても良かったので、皆さんにもご紹介しますね!

このマッサージマスクは使用感も良くてとても気にいっているので、撮影の前にむくみを取るためによく使用しています。

ヘアメイクさんの話では、薬剤師の方が開発したブランドのようで、AGEsを抑制するネモフィラ樹皮エキスがたっぷり配合されているそうです。

マッサージ用としては、馴染みやすく、浸透しやすい低粘度タイプの乳液みたいな感じですね。マッサージしたあとも洗い流す必要がないため、最近では夜の“自宅の美容SPA”として利用しています。

いつもマッサージしたあと、そのまま眠りについていますよ。

夜のお手入れ時間を節約できる分、睡眠時間を増やすことができました。

私のお気に入りの「この季節のベストアイテム」です。 

今回は“冬のスキンケア”についてご紹介しました。

ぜひ参考にしてみてください。

皆さんもマッサージマスクを使ったハンドマッサージで、冬の乾燥に負けない美肌を目指して毎日のお手入れを頑張って続けてくださいね!

・・・・・

『美は一日にして成らず』

何より大事なことは諦めずに毎日続けること。

私も毎日続けていますので、皆さんもできるだけ続けてみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

COMMENT

コメントする


− 2 = 三

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる